初めてご訪問された方へ

ご訪問頂きありがとうございます。お手数ですが、利用規約を先にお読みください。

世界で最も安い新gTLDはコレだ!2.99ユーロ/年

この記事は約10分で読めます。

世界で最も安い新gTLD

最も維持費用が安くて済む新gTLDを探してみた

最も安く長く使える独自ドメインはないものかと、ふと思う。

新gTLDの多くは、全体的に高い。少しくらいは安いものがあってもいいのにな。そう思いました。

新gTLDは、まだまだ登場します。とりあえず現在は、と言う事で。

こういった事を一覧で見られるウェブサイトはそう多くないものです。

私の知る限りですが、Name.comが良い。

新ドメインやccTLDの取り扱いは幅広く、しかも料金は良心的。

消費税は取るような悪質さなどは全くなし。 😆

同サイトはドメインレジストラ大手、eNumの、いわば小売専門。

私が言っているのは、新規取得ではありません。維持継続のための、更新料金。

フロントページの上部「Domains」-「Pricing」を選択します。

料金テーブル。ソートができます。

安い順

 

2文字のTLDは国別ドメイン(ccTLD)です。今回は対象から除外します。

国際化され、世界中で取得可能となったドメイン名。しかしあまりお勧めとはいえません。

ドメイン名のルールは、その国の方針に準拠します。安い、高い以上に、問題を抱えているため。

先駆けとなった、.cc(ココス諸島)や.to(トンガ)や.in(インド)などは長く提供されてきた実績があり、問題にはなりそうにありません。

外貨獲得だけが目的の貧困国のドメイン名は、なるべくなら避けるべきでしょうというのが管理人としての考え。

戻りましょう。

上記の中で、.business, .cloud, .company は、最近リリースされたものですので除外します。

現状では、更新料金で

  • .click(7.99USD)
  • .work(8.99USD)

の2つがが候補と言って良さそうです。

世界中でバカ売りしている激安ドメイン.xyzの更新料金は、14.99USD。

レジストラ別料金表はこちら。- crazydomains でさえ、9.95USD。

主要なgTLD、5種類は、総じて原価は上昇傾向にあります。

Icann Fee込みで、概ね 9USD – 10USD の範囲。あくまでも原価。

レジストラはそれを上回る料金設定となるわけです。

そう思えば、10USDを下回るドメイン名は、安く使い続けられるといえます。

まっ料金設定は「時価」ではありますけどね。

高い順(参考まで)

.security, .protection, .cars, .car, .auto,の5つについては、2,999.99USD.グーグル為替計算

1年の更新料金は33.8万円。ハァ?

いったい誰が使うのでしょう。

クルマが趣味の方には、残念な事かと思います。

ドメイン名の料金で、良さそうな中古車を買うほうが良いのでは。

他にはないのだろうか

当サイトでは、国内では珍しい.gdnの紹介記事を公開しております。

.xyzに匹敵する安さ。しかも日本語ドメインを取得することが可能ですと。

なのになぜ、日本国内では扱われないのか。不思議でなりません。

あるんです。それが

わたしは既に使用しています。しかも1年が経過、更新まで行っています。

2.99EUR/year 日本円で365円程度。

そのドメイン名は

.ovh

.ovh

.ovh

.ovh

.ovh

.ovh

.ovh

.ovh

.ovh

 

そう。ヨーロッパ最大のデータセンタ事業としてしられる、フランスOVH社。

本来なら商標保護目的。しかし通常のnTLDとして多くの人に使ってもらおう。

そんな素晴らしさで溢れるnTLD。

どこかの国にもありますな、そういえば。三文字の業者が。期待なんかしてませんけど。

wikiはこちら(英語)

赤い部分。Registration restrictions=取得要件 取得要件はありませんと言う事です。

公式サイトはこちら(英語)※登録はできません。

唯一の弱点は、取り扱いレジストラが全くない事。あるのかもしれませんが、確認したことはありません。

それもそのはず。同業種は、他社の宣伝に繋がる行為となり、扱いにくいというのが本音ではと感じます。

ドメイン名取得の手順

 

では、早速ドメインを新規取得してみましょう。

OVH社は、国ごとにウェブサイトがあります。アイルランドのサイトを窓口に集中管理しているようです。

URL: https://www.ovh.ie/

フロントページ。右下の「DomainNames」をクリック。


 

現在はプロモーション中。新規取得は0.99ユーロ/y


 

.ovhの情報が確認できます。とりあえず、緑ふちの検索ボックスでほしいドメイン名を入力します。


 

検索窓に入力すると、自動的に調べてくれます。

こんな感じ。「is available」と表示されたら、ドメイン名取得可能という意味です。

必ず、.ovhドメイン名である事を確認。

Orderをクリックしてください。


 

オプションを選択。

  1. DNSエニ―キャスト。
    詳細は省略します。高品質なDNSと思ってください。有料オプション。
  2. OwO service: Keep my personal information private。
    コンタクト情報を隠すサービスを選択するか。無料オプション。選択します。
    対応しているWhoisルックアップサイトが、ほとんどありませんケド。
  3. DNSSEC service。
    DNSSECというのは、DNSキャッシュポイズニング=DNSサーバーの意図的改ざん、を抑止するサービス。
    主要なトップレベルドメインはほとんど、対応しています。無料オプション。選択。

 

 

 


.ovhのサービス一覧。

主にホスティングサービス。同時に契約しませんか、という内容。

特に何もないと思います。いちばん下までスクロールして進んでください。

 


 

注文の内容確認ページ。

申請内容の確認。現在はVATが加算されていますけど、EU加盟国以外の方は、住所を登録すると自動的に計算され、VATはなくなります。


 

ログイン画面です。

新規アカウント開設の場合は赤い丸をした箇所をクリックして進んでください。


 

住所などの情報を入力。

特に困るような項目はないと思います。全て英語で記入してください。

アスタリスク「*」が付いてあるフィールドは必須項目です。

 


 

アカウントの認証

ここからは、残念ですが既にアカウントを持っているために、画面表示の再現は困難です。

申し訳ありません。

しかしながら、アカウントの認証に関しては、現在もなお、変わっていないものと判断。

以前の情報であるため、多少の誤差はどうかご容赦を。

この手続きは、ドメイン名だけに限らず、OVH社のすべてのサービスを使うことができます。

Your user account has not yet been validated. – あなたのアカウントはまだ認証されていません。

2つのドキュメントを、指定されたメールアドレス宛てに送らなければなりません。

Proof of ID:

  • ID card
  • Driving Licence
  • Passport

Proof of address:

  • Utility bill (Gas, electricity, phone)
  • Bank statement
  • Official correspondence

本人確認のための書類(Proof of ID)

  • ID card
    日本の文化にはありませんのでこれは不可能
  • Driving Licence
    自動車免許証。二輪でもオートマ限定でも問題ありません。
  • Passport
    旅券。有効期限が切れていても大丈夫。ようは公的機関から発行されたものである事が重要。表紙ではなく、顔写真のあるページを見開きで。

所在確認のための書類(Proof of address)

  • Utility bill (Gas, electricity, phone)
    公共料金の請求書。これが意外と難しい。
  • Bank statement
    金融系の請求書。カード会社の請求書など
  • Official correspondence
    郵便物

留意点

  1. Proof of ID(本人確認)からひとつ以上、Proof of address(所在確認)から一つ以上を送付しなければなりません。
  2. 添付用画像データを用意。ファイル形式はjpgまたはpng等。大きさは、画像の中の文字が判読できる程度。
  3. 画像ファイルの名称を工夫。どの画像が何かをメールの本文中に記載するのが良い。
  4. できれば、3、4種類用意するのがベター。不足書類を追加で送信するなどの手間を省くため。
  5. メールアドレスの件名、又は本文中に、必ず、nichandleを明記する事。ユーザを特定してもらうため。

 

問題がなければ、2日か3日でOKの返事が貰えます。

支払いが途中で止まっていますので、続きをやってください。

追加(24/Oct/2015)———————————————————————–

わかりずらいようでしたので、実際に管理人が送信したメールを記載します。

英文法が正しいかどうかは別として、これでいけます。

個人情報につながる箇所、nichandleは伏せています。

3つの画像ファイルを添付し送信しました。

ガスや電力会社のインボイスは、私個人の情報が記載されていませんでした。セキュリティのためと思われます。

コピペ可能なようにしています。個々でアレンジしてください。

件名:thnnnn-ovh validation my account

本文
—————————————————————————–
Hello,

My name is First name Last name.

This email has three attached images in order you to make validation my account.

nichandle: thnnnn-ovh

driving-licence.jpg
passport.jpg
creditcard.png

creditcard.png is my own bank account through VISA.
This image is the Direct mail when the new promotion launched.

Gas and electric-power invoices are not written my details because may be security reasons.

kind Regards,
First name Lastname
email@myemail.com

コピー用

件名:thnnnn-ovh validation my account

本文
-----------------------------------------------------------------------------
Hello,

My name is First name Last name.
This email has three attached images in order you to make validation my account.

nichandle: thnnnn-ovh

driving-licence.jpg
passport.jpg
creditcard.png

creditcard.png is my own bank account through VISA.
This image is the Direct mail when the new promotion launched.

Gas and electric-power invoices are not written my details because may be security reasons.

kind Regards,
First name Lastname
email@myemail.com

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました